Displaying posts categorized under

カリフォルニアの学校

ゆれる気持ち ~多言語育児~

そんなタイトルの歌があったけれども。 いま揺れているのはKidsの言語のことでして。 一応、私の方針としては「家庭内(親子間)は基本、日本語で」です。 どうしても伝え難いときは「楽な言語で表現してよい」というのも伝えてます。 実際、家庭内は親子間も兄弟間も日本語なんですけどね。 次男君、さいきん文章中に英語が混ざってきます。前より目だってきました。 これだけは許容したくないんですよねぇ・・・・。言語のMix。。 日本語で話すときは文章ぜんぶ日本語でいってほしいんです。 英単語は混ぜて欲しくないんです。 土曜日のこと。 いい間違えて・・というよりたぶん言葉がでてこなくてつまって、いい直そうとしてたんですよね、次男くん。「こないだ〇〇が&%*#で・・・・  I mean・・ △△だったんだよ。」 ・・・。 I mean → 「だから」とか「つまり」とか、言い直しに使ったり、文章をつなぐための「え~っと」という意味で使ったりする口語。 日常生活の90%が英語だから単なるクセかもしれないけれど、「I mean」を混ぜたことがショックだったんです。つまり、日本語会話中にも関わらずふとした瞬間は英語で考えてたってことかな、って。。 そのくせして、学校ではまだESLという「英語が母国語ではない」クラスから抜け出せてません。テストで100%とらないとだめで、たいてい1問間違えて98%とかなんです。。。 それもまだ最上位のクラスではないので、このテストで100%とって上のクラスでも100%とれないとESLからでられません。でられないと、来年のJr.HighSchoolで自由に科目を選べません・・。 彼の言語をもっと自由化させるべきなのか・・・ それとも日本語伝承のためにこのまま「家庭内は日本語」をがんばるべきか・・・・ 揺れているのでございます。 ちなみに、日常会話は多いな問題はないです。先生もそうおっしゃってました。 親が英語話者でない分、ボキャブラリーの少なさ、表現力の乏しさは問題ですけどね・・。 ローマ字を習わずアメリカにきてるので、私との携帯メールはオール英語です。、。 PCで日本語入力するために(ワンピースの情報をゲットするためとかゲームとかで)がんばって覚えたみたいですけど。 ん~・・ どうしたもんでしょう?? 2012年も応援お願いします☆ ↓↓↓

【続】高校(ハイスクール)入学準備中

昨日、いってきましたよ。運動部の説明会みたいなやつ。 6時半~・・だったんだけど、仕事が6時までで、そのあとKidsをピックアップしてバスケの練習場におとして、、、急いで高校にむかったけどついたの7時だった。 体育館についたらたくさんの保護者と生徒が各ブースに移動しはじめてて・・・なにがおきてるの~ (涙) しばらく、あっちをウロウロ、こっちをウロウロ、、。ようやくバスケのブースをみつけて、コーチらしき人の説明をきいている人だかりにまぎれてみた。 コーチ・・・・・早口すぎて、しかもまわりがうるさすぎてなにいってるかほとんどわからん。(=_=) が、とりあえず希望者としてサインアップ・リストに名前をかいておいたさ! 明日の土曜に、今度は体力テストのようなものと登録手続きが行われます。 これまた、バスケの練習時間とまるかぶりですが・・。しかも今度の土曜は今シーズン最後の練習日なのに。。 夏休み中の練習時間。最初にもらった資料では午後1~4時ってなってたんだけどさ、、今日の説明でびっくりよ。 朝6~7時半だってさ!! しかも月~金が練習で週末はトーナメントの試合で・・って毎日じゃん。。Σ(・ω・ノ)ノ! なんで誰も動揺しないの??汗 ←運動部の経験なし・・ 朝6時に練習が始まるということは・・遅くとも5時半には家をでるってことでしょ?? えっと、、、。いや、、5時半には着いてなきゃだめかな・・・・? ちなみに、説明のあとコーチに質問にいきまして。 「うちの子、ビギナーなんですが大丈夫でしょうか?(=チームに参加できる?)」ってきいたら、、しばらく考えて・・・「うーん、、このサマープログラム中の練習とトーナメント試合をみて判断することになるね。チャンスはあるよ。」ですって。さすが花形スポーツ。誰もが入部できるわけではないのは知っていたけど、やっぱりねぇ。。 前に参加したバスケの練習教室にきていたコーチ。彼はそういう入部テスト(トライアウト)対策のための個人レッスンもやってるそうで、お願いしようかと思っててやめちゃったんだけど、いまからでも依頼すべきだろうか、、、って、、レッスンつけてもらう週末はたぶん試合だ。。とき既に遅しってやつか。。。(だって時給50ドルくらいなんだもーん・・) ちょっと道は厳しそう。。 そのあと迎えにいってそこのコーチの1人にもきいてみた。 「男子バスケはとにかく中距離のシュートをしっかりきめることと、きれいなフォームでショットすること。そうすればきっと大丈夫!」ですって。。 あとは、、ヘラヘラっとしないで闘争心をむき出しにさせないとねぇ・・ シャツ咥えショットは・・・どうだろう?笑 親子ともども応援お願いします☆ ↓↓↓

高校(ハイスクール)入学準備中

長男くん。日本では中3ですが、こちらアメリカでは8年生。中学校のことを地域によってジュニア・ハイ(Junior High)だったりミドル・スクール(Middle School)だったりインターミディエイト・スクール(Intermediate School)だったりしますが・・・・。総じて「Secondary Education(中等教育)」といいます。 ちなみにジュニアハイ(Junior High)という表現が古来というかもともと使われてきたもの。最近は現象傾向とか。 たいてい、ジュニアハイだと7~8年生の2年生。そう、地域/学区によって中等教育をスタートする学年が違います。 早くて5年生から。スタートは違うけれど、いわゆる中学を終了するのは基本的に8年生です。ここは一緒なんだよね。(ただし例外の学区はある) 小規模の私立だと小学校から高校までずっと同じだったりね。 で、9年生からが高校生(High School)です。日本と違って4年制。 一応、義務教育期間なので試験なしで入学できます。 (中学卒業できてたら=単位とれてたら) あいかわらず前置きが長いんですが・・・(汗) 中学卒業まで1ヶ月をきりまして。高校からお手紙が届いたりするようになりました。 入学したら使う予定の個人ロッカー費用もすでに引き落とされ・・・     あいかわらずそういうとこは早いよねぇ・・・ 先日届いたのは夏休み期間のSummer Athletic Programの申し込み用紙。 バスケに夢中の長男くん、高校でもバスケをやりたいそうです。で、Summer Programにもしっかりバスケがあります。 1ヶ月で95ドル。練習はほぼ毎日っぽい。 送迎できませんので、路線バスで通ってください・・・。 くわしいことは明日の説明会で、とのことでしたが。。健康調査票とかがね、同封されてましただ。学校で行われる体力診断(健康診断?)は土曜日。費用は20ドル。調査票のアンケートにはね、持病や失神歴、歯科矯正器具装着の有無なんかのほかにこんな質問もあったよ。 「親族のなかで、50歳未満で心臓発作や突然死をしたものがいるか」 ・・・先日も、どこだかの高校でバスケの試合中に突然死してしまった子がいました。 スポーツをする子を持つ親としては心配です。。心身に強負荷もかけるし、高校生くらいの子なんて無理しちゃうもんね。。 健康的に楽しく、趣味の範囲で楽しんでもらいたいものです。 ちなみに送られてきた資料によるとこんなプログラムがあるようです。 バスケットボール、サッカー、野球、アメフト、レスリング、水球(Water Polo)、ゴルフ、クロスカントリー、ソフトボール、テニス、バレーボール 費用は競技によって50~100ドルほど。同じ種目なのに男女で値段がちがうのもあり。。なんでだろうね?? ちなみに、水球。Water Polo(ウォーターポロ)は、アメリカでは上流階級のスポーツ的扱い。「やれば?」と長男にいったら「ママはオレに死ねと??」って返ってきた。。。水中の格闘技とよばれるハードなスポーツですからねぇ。。。 ま、でも花形スポーツといったらアメフト、バスケ、野球あたりでしょうね。 親子ともども応援お願いします☆ ↓↓↓

ジンクス

ジンクスっていうんでしょうかね?父方のイトコ(純・白人)にはなしたら「Japanese Secret~♪」って喜びそうだけどww バスケをやっている長男くん。まだまだ初心者ではありますが楽しそうです。 もともとはオクラホマ時代に次男くんがはまって、みかねた伯父さん(居候させてもらってた)が2人のために練習用のゴールポストをつくってくれたのがきっかけ。 学校から帰ってきたらまっすぐゴールしたで兄弟が1on1。休みの日もしょっちゅう遊んでました。 カリフォルニアにきてからはとりあえずCity主催のシーズンクラスに参加。そこではじめてゲームらしきものをやるも、どう動いていいのかわからず、コーチの細かい指示が理解できず(英語の壁)。しかしながらチームのみんなと楽しそうに過ごしていました。 この頃から、学校に毎日ボールを持っていくように。 昼休みになると同じ時間帯が休み(時間割によって昼休みの時間も違う)のバスケ仲間ができていたようです。 ストリートバスケに近い感じ。当時、Englishの先生から「私の頭痛の種はこのボールよ~・・笑」と言われました。授業中は机の下に荷物をおくルールなのですが、どうも足でコロコロやってた模様。。(-_-) でも「バスケをやるようになって友達が増え、言葉がよく出るようになった」とも言われました。 その後、地域(Cityより大きいくくり)の教育プログラムが主催するクリニック・クラス(試合ではなく練習目的のクラス)に参加したり、公園で知らない子たちとバスケをしたり(※)、、アフタースクール・クラブでもバスケ三昧の日々。 ※ 日本は知りませんが、こちらでは公園でバスケをやっていると適当に人があつまってきて2on2とか3on3とかが始まります。 そして今。 とあるリーグに属するチームに入ってます。週2回、2時間の練習と週1回の試合ですがずいぶんと体が締まってきましたよ。自己流のフォームも少しずつ矯正できてきました。ですが練習していく中で逆にへんなクセが。。。 それはフリースローのとき。 長男くんはフリースローをうつときに、シャツの首んとこをくわえるとシュートが入るんだそうです。たまたまくわえたら入ったのがきっかけで、以降そうやってるらしいのです。。チーム内でもすっかり有名らしい。。 実は昨日の試合。彼は2回のフリースロー(それぞれ2ショットずつ)がありました。 1回目。 どうすんのかなー、と思ってみてたらしっかりシャツくわえました。。(///▽///) で、入りました。笑 引き続き2本目のシュート。今度はシャツをくわえず。 → はずしました・・・ 2回目。 今度は2本ともシャツをくわえたままショットうち・・・ → 見事2本ともきめました。 ついに「シャツ噛みシュート法」の公式デビューですよ・・。試合後、他の保護者みんな「シャツになんの秘薬を塗ってるんだ?爆」と盛り上がり。。 あの姿は他のチームにも目立ってたことでしょうねぇ。。 『シュートをうつときにシャツをくわえてはいけない』ってルールがなくて本当によかった。。。。。 シャツくわえたらシュート入るなんて・・完全にメンタルの問題じゃん。笑 (注) ほとんどの子がユニフォームの下に綿のTシャツをきていて、長男くんもこのTシャツの衿んとこをくわえてます。 スポーツでいい汗を♪ ↓↓↓

もうすぐ統一テスト

ただいま春休み(Spring Break)まっただなかのKidsです。 そんなときに私は風邪をひき昨日は熱出して寝込んでしまいましたが。。 春休み中ということもあり息子達がおかゆつくったり ビタミンウォーターを買ってきたりとしてくれました。 アメリカでは風邪をひいたら、この GLACEAUのVitamin Water と チキンヌードルスープがお約束。。 長男くんは「早く直して明日は会社に行ってもらわないと、我が家の家計が・・(時給制で有休ないので)」といい、次男くんは「早く直して明日は会社にいってもらわないと、せっかくのSpring Breakがパァだよ・・(おい・・!)」といいましたとさ。 まぁ、どちらも心配してくれてるのだろう・・と思うことにします。(=_=) さてさて、この春休みがおわるとすぐに州の統一テストCST (California Standards Tests) が行われます。州単位でのテストですが日本でたとえるならば「学年別全国統一テスト」と「中間/期末テスト」が合わさったようなものでしょうか。。 くわしくはこちらをどうぞ。。。 ⇒ STAR Program (Standardized Testing and Reporting) 1年に1度の大きなイベント。この結果が来年の自分達のクラス配分や授業の選択に影響するし、学校自体の評価にもつながる、とーっても大事なものです。 去年の様子はこちら。ちなみに結果は夏ごろに郵送されてきます。また、学校が管理しているWebサイトでも過去の履歴をみることができます。※このWebサイトでは出席/遅刻状況や宿題、授業内で行われる小テストの結果などをひととおりみることができます。(プリントをいくら隠しても無駄なのですw) 去年はナイーブになっていた次男くん。今年は英語のハードルもずいぶん下がり、日々の授業も楽しく参加しているようで、テストにとても意欲的。サンプル問題なんぞを一生懸命やっています。分からない単語はネットの翻訳機能や辞書をつかって勝手に調べるし、習っていないところ(Advancedというのがある)もネットで調べてるので、まぁ大丈夫かな? 困るのは、、、、次男くんは『超朝型人間』なため、、、、朝もはよから色々ときいてくる。。。。 朝型人間のほうが勉強得意な人が多そうなイメージなんだけど、実際どうなんだろう? 長男くんは・・・・おーい、、って感じなんですが・・・・いっつもギリギリになってエンジンかかるので・・・・・。そして夜型人間。夕飯たべて、お風呂おわってからゴソゴソと勉強しているようです。 このテスト結果で9月からのハイスクールで選択できる授業に大きく影響する、というのは理解しているので頑張ってはいるもよう? そうそう。ずーっと先延ばしにしていた電子辞書をついに購入しました。でも高級なのはまだ手が届かなくて、やっすいやつをお試しで購入。 といってもFranklinというアメリカでは老舗(大手)のやつです。 とりあえず使ってみさせてますが、今のところ知りたい単語はちゃんとでてくる模様。中学までだったら十分かもしれない?学校の先生からも何度も催促されていたので、とりあえず用意しよう!(と、いまさら・・)買ったのでした。。 あとは健康管理に気をつけて、、、ですね。(私がいうな) ↓↓↓

長男くんの進路

引き続き、迷子犬「ラスタ」ちゃんの情報募集中です。(前橋~桐生~太田エリア?) 早いもので長男クンも14歳。 高校まで義務教育のアメリカでは、このまま何もなければ9月からはハイスクールです。 ちなみに高校は4年間。 義務教育だから基本的には自分の住所によって高校がきまっています。 が、学校や学区によって違うとは思いますが、うちの学区では、学区内にある高校であれば希望により別の高校を選ぶことができます。 それ以外にもマグネット・スクール(Magnet school)になっているとても優秀な学校もあるんだけど、、本人の大抵抗で選択肢から外しました。 結局うちは、指定された学校とは別のところを選び、おそらく9月からはそこに通うことになると思います。 なんてステキな外観なんでしょう・・これで公立とは・・ さて。 学校きめるのにあたり、進路のことを色々考えねばなりません。 というのも、学校によって色々と特色があるんです。数学に力をいれている学校、農業(獣医含む)の勉強ができる学校、情報科学の勉強(プログラムや3Dグラフィックetc)などなど。。。 まるで専門学校じゃん。。 長男くんにも色々考えさせました。といってもまだ中学2年生。 決まるわけないよねー・・・ だけど、そんななかで今いちばん興味をもっているのが・・・・ シェフ!! 長男は料理が好きです。 小学校に入る前からいっつも私やパパ、じじばばの隣にきてお手伝いしたがっていました。あまりにやりたがるので年長さんのときにセラミック製のこども用包丁を買ってあげたものです。 大喜びで以降、せっせと野菜をきったり、、、し続けた結果、今は週の半分くらいは夕飯作ってくれます。とってもおいしいですww 我が家にある料理本はみんな長男のもの。。本屋にいけば料理の本を読み、テレビで料理番組に熱中し、、、、 向いてるんだろうねぇ。 だけど、お母さんは正直、「いわゆる普通の進路」でない道に進ませる覚悟が・・・。 実は進学する予定の高校には「Culinary Art(料理/調理)」のプログラムもあって、専用の施設も新しくできたらしいです。写真でしかみてないけれど、本当にレストランの厨房みたいですごいです。。 日本よりはるかに「学歴重視」のここアメリカ。 まぁ、やりたいことをやらせるのが一番いいのだけれど。 勇気いるなぁ。でもまぁ、高校4年間のうちにどう気持ちかわるかわかんないしね。 希望は「フレンチ」か「和食」だそうです。 やるならば、、ちゃんとしっかりした調理学校をでてもらいたいなぁ。 コルドン・ブルーとか? 笑   ・・・すっごい高そうwwww 「グタグタいってると、将来お店にきてもただで食べさせてあげないよ!」だって。 応援おねがいします ↓↓↓

もうすぐバレンタイン

バレンタインですね~ こっちのバレンタインは日本のバレンタインとはちょっと雰囲気が違います。 もちろん恋人達はラブラブ~しちゃってて、うらやましそうなかぎりですが・・ 夫婦なんかだと、旦那さんがバラを奥さんにあげます。 バラじゃなくても花束をあげます。忘れようもんなら・・・あとは知りませんw それ以外でも子供からママへバラ一輪とか、そんなのもあります。 学校ではどうでしょうか? 低学年ではカード交換なんかをしますね。 そういう交換用のカードセットがこの時期はどこでも売ってます。 POPキャンデー(棒キャンデー)とかプチ・スナックがついているもの、シールがついているもの、タトゥシールがついているもの。。。などなど。色々。 さすがに8年生(中2)や5年生ともなると、そういうのはやりません。 特に中学では日中のイベントは特になく、かわりに放課後(6時くらいから)にダンスパーティなんかが催されます。うちの子は参加したことないけど、音楽ガンガンでソーダやピザなどもちながら若者が楽しそうにすごしてます。いけばいいのにぃ、長男くん~ 次男のクラスでもカード交換は特にやってなさそうです(が、個人的にはやってる模様) でも、金曜の午後にクラスでパーティをやるそうです。パーティのときは、たいていは各家庭からいろいろと持ち寄ります。 飲み物(ソーダ)、チップス、カップケーキ、クッキー、、、 何を持っていこうかなぁ、って考えていたんですけれど、昨日の夜に次男がもらってきたプリント「持ってきてほしいものリストfrom担任」にあったのはこんなものでした。 紙皿、ナプキン、ジュース(缶ではなくパック型)、クッキー、トルティーヤチップス、チップス(ベイクド)、フルーツ・スナック、グラノーラ・バー、クッキー ※お店で購入したものに限ります おっと・・。 手作りNGみたいです。こういうのは担任の先生によってポリシーがきまってますからね。健康志向ぐあいも先生によって異なります。 日本じゃ手作りなんて考えられないでしょうけれど、こっちでは手作りがまだまだ(?)ほとんどです。 かわいくピンクのカップケーキとか作りたいなぁ、と思っていたんですけど・・ こんなふうに。 うちは、チップスにしようかと思っています。(というか返答はもう次男が今日してるはず) 日本のチップスがあればそれも持っていってみようかなぁ、と考え中。 でも「ノン・フライ」でないとだめだから・・・ねぇ。どうしようかねぇ? あなたにもハッピー・バレンタイン♪ ↓↓↓

The Awards Luncheon (優秀生徒の授賞式)

土曜日は家族でホテル(Innですが)での表彰式を兼ねたお食事会のようなものにいってきました。 理由は、次男くんが『Youth of the Month』というものに選ばれたからです。早い話が『今月の優秀者』になったということですね。今回対象となったところでは毎月、男女1名ずつ選ばれます。 よくがんばったねー で、1年分の表彰者とその家族が表彰式に招待されるのです。 招待状をもらって、、実はおじけづいていましたw だって来賓というか、来る方々が!! 「FormalStyleできてね」などといわれてるし。 さて、Formal。どこまでFormal??? 笑 一応確認してみまして。 「ChurchStyle」で大丈夫らしい。 Church Styleとはそのまま「教会にいく格好」です。 日曜礼拝にはキレイな格好をしていくものなのです(ほぼ昔の話になってるけど)。ほら、ちょっと古めの映画なんかみると蝶ネクタイにジャケットとパンツをはかされた子どもが教会にいくシーンとかあるでしょ? こういうとき、女の子はラクなんだよねー・・ 手ごろなワンピース(ドレス)が色々売ってますもの。。 スニーカーで行きたがる子供たちを押しだまして無理やり皮(合皮)の紐靴はかせましたよ、お母さん。。 ドキドキしながらいった会場。 正直いっていろんな筋肉がつかれました。。 丸テーブルにVIPとなる受賞者&家族と、普段サポートしてくれている警察官(Police Officer)、寄付など物理的なサポートをしている人(たいていは夫婦で出席)がそれぞれ1組ずつ座るのです。。 あー・・英会話(汗) そしてドキドキの来賓というのが、、、、、 市長さん!! 警察署長さん!! 本物の市長さん、はじめてみたわー・・・ 受賞記念の盾をたずさえ、偉い方々と記念撮影 正面が署長さん、右のスーツの人が市長さん、左の人が・・・誰だっけw 着物以外でああいう「きちんと背を伸ばし続けねばならない」場にいくのはすっごく久々で・・・・あぁ、着物だったらラクだったのに。。 ※着ていこうとしたら「目立つからやめて!!!」と猛反対されました おめでとうのかわりにお願いします   ↓↓↓   ちなみにお食事のメニューは・・・ サラダ ⇒ パン ⇒メイン(チキンとキノコのパイ包み焼き with 温野菜) ⇒ チョコレートケーキとコーヒー ※写真とれる雰囲気ではなく。。。

アメリカのKidsに流行中 『シリーバンズ』

なぜだか知りませんが流行ってます・・・。 地域によっては下火になってきたところもあるそうですが、息子たちの学校では小中いずれもまだ流行ってるとか。。。 シリー・バンズ 英語でかくと Silly Bandz です。 「ばかばかしいバンド」・・・あたりの解釈でようござんすかね? いっけん輪ゴムにみえますがシリコン製。 これを腕にガーーーッとつけるファッションなのだそうです。 友だち同士で交換なんぞして楽しんでいる模様・・・ 中学ではしりませんが、次男くんが通う小学校では「6本まで」というルールになっているそうです。学校によっては「禁止」・・・たぶん禁止の学校のほうが多いんじゃないかなー??? 放課後になると、それこそ手首からヒジの下までごっそりつけるのがいいらしい。。 たしかにカラフルでかわいいのよね。 シリコンだから痛くないし、はずせば元のカタチにもどるの。 男女とわず流行ってるらしいです・・ 日本でもamazon なんかで買えるみたいですねー でもやっぱこっち(200円くらい)と比べて高いわねー・・ ポチッとな。   ↓↓↓  

今日の宿題は『HAIKU』

次男君の今日の宿題。 HAIKU 「ママ、HAIKUって知ってる?」とは次男くん。 知ってるに決まってますがな・・・(がっくり) 説明してあげたら「やっぱり日本のだったかぁ。なんかそんな感じがしたんだ」ですって。。。。 そうです。宿題の内容はHAIKU Poem、つまり俳句です。 もちろん英語で。 基本は日本語と同じ。 音の数で五七五を作ります。 例文をぐぐってみました ※下のほうの緑文字 テーマは「ハロウィン」だそうです。 次男くん、いろいろと悩んでひねり出したのがこちら。 I don’t like candy The Halloween is a scary day Break a spell, Trick or Treat なんかカワイイなぁ・・・笑 そんな次男くん、今日の午後に校長室に呼ばれたのだそうです。 ビクビクしながら校長室にいった次男くん。まっていたのは表彰でしたw よかったねww 裏話。 今日、ちょうどお昼に学校に行ってたんですよ。ヤボ用で。 で、事務室(スクールオフィス)に次男呼んでもらって用事すませて、、 そのとき「居残り通達」をうけとったと次男がいうので確認もしてもらいました。事務室のみんなは「あなたが居残り!?間違いじゃないの?理由はいいこと?悪いこと?」と。 それに対して次男「I think bad thing. Because I forgot homework.」とな。実は文章になった英語を聞くの、ほぼ初めてです。家では日本語だから。ちゃんとしゃべれてるのねー。長いことしゃべろうとしなかったからホッとしましたよ、お母さんは。 でね、今日もらった表彰の紙(表彰状とは違う)に校長先生やらの寄書コメントがあったんだけど、事務室のお姉さんから「Do your homework(^^)」って書かれてましたwww(実際の顔文字はアメリカ式です) 1句浮かんだら・・・   ↓↓↓