Displaying posts categorized under

アメリカの都会と田舎

クリスマス☆ライトデコレーション おまけ

準備編 と 完成編 もどうぞ。 なれない大量画像アップなぞしてみましたが、いかがでしたか? 調子にのっておまけ編もいってみますw ムービー (昼のようす) ムービー (夜のようす) 伯母の作品集 ~木工アート・ペイント編~ スノーマン トナカイさん~ ペンギン村~ そして・・・ 応援してくださったらまともな写真に再チャレンジできるかも?   ↓↓↓  

クリスマス☆ライトデコレーション完成 ~ど田舎編~

田舎におけるクリスマス・ライト・デコレーションの準備編はこちら さてさて、Kidsたちもちょこっと手伝った伯母夫婦宅の ドライブ・ウェイはこんなにステキになりました☆ ※夜景撮影は苦手なので光が泳いじゃってますが・・・ 空気でふくらましたアレもたくさん!! 続いて、ビフォアー・アフター編いきまっす!! スノーマンのスケートリンク 滝と小川とトナカイ(鹿??) あの奥にある物体は・・・・ 牛さんの干草ロールに電飾をかざったもの! 暗闇でみると本当に滝から流れて小川になって・・・なんです。 がんばってつくったアーチ どうも、年々バージョンアップしていくらしい。 これだけやってるので、町の新聞にも載ったり 近所はもちろん離れた町からもきてくれるのだとか。 そんなお客様のために記帳コーナーがあったり お客さんにふるまうホットチョコを用意したり ホストって大変ねー・・・・・・・・・ 実はあこがれてたりする・・・   ↓↓↓  

クリスマス☆ライトデコレーションができるまで ~ど田舎編~

気分がのってるのでもいっぱつ。 こちらは2年前の伯父・伯母宅でかざりつけをしていたときの様子。 がっつり写真はっていきまっす! じゃじゃーん!!! あらかじめ地面に鉄杭をうちこみ、そこにこの長ーいプラ管をはめていきます。 運搬道具にはこまらないのが田舎のいいところ? このアーチ部分は、ほぼ最後の仕上げ。 サンクスギビング(感謝祭)前の休日にKidsもお手伝い。 伯父&伯母はこの2週間前から家事もそこそこ ずーーーーっとこの準備におわれるんだそうで。 この日は「2週間分の洗濯しなきゃー」と一日中 洗濯機と乾燥機をまわし続けていました。。 さて、出来上がりは次に続く・・・・・ 応援もよろしくおねがいします☆   ↓↓↓  

クリスマス☆ライトデコレーション ~街並み~

クリスマスまであと少し。街のようすも浮き足立ってます。 我が家をふくめ、うちのアパートの住人たちも家のまわり(をとびだし外階段や共同前庭まで・・)を華やかに飾っています。 そんななか、家から15分ほど車ではしった街にデコレーションライトをみにいってきました。渋滞の列ができる町とかもあるし、うちの町も隣町もけっこうみていて壮観なのですが、、ボスに紹介されたので。 折りしも・・・金曜からがっつり雨降りのこちら南カリフォルニア。 それでも根性で携帯写真とってきました。 ※ボッケボケ写真ですみません~ ・・・とってたら住人がでてきちゃったw  この町(City)ではCityをあげてデコレーションのコンテストをやってるらしいです。 で、このお宅は3位だったとか。かなり悔しそうでしたww うーん、うちの伯母さん宅の写真をもっていって見せればよかったかも。 あつくなりそうです。笑 うーんと、どれもこれもボケボケですみません。 雰囲気のみお楽しみくださいませ・・・・・ 応援してくださったらまともな写真に再チャレンジできるかも?   ↓↓↓  

日本のバラエティ番組みてます

日本にいたときはたぶんあまりみていなかったバラエティ番組。 いまこっちでなぜかはまってますw とりあえずほぼかかさずみているのは「ぷっすま」「スマスマ」そして最近レパートリーに追加した「お試しかっ」の3つ。 「ぷっすま」「スマスマ」かりてるあたり、まるで某アイドル(?)グループのファンみたいですが、違います。。 ぷっすまは、あの「ナギスケ」のゆるーい雰囲気がすきで、日本にいたときからたまにみていたもの。深夜枠だからねw スマスマは、ビストロ目当て。 この番組は10年くらい前のほうが好きだったのだけれど。 なぜか最近はグループ戦じゃなくて個人戦になってるし。 中居くんのカツラが気になるし。笑 お試しか、は。 すすめられることも多かったし、、なんとなくみてみた。 楽しいじゃん。「帰れま10」しかみてないけどw 以上、、、すべて合法のレンタルショップにてみてます。 ドラマとかは借りない。「これ!」てのもよくわかんないし、続きが気になるようなものは借りない方向で。もっぱら、邦画とバラエティとスペシャルドラマとかかな。 年末はまた「年が明けてから」紅白歌合戦を借りますよ。 以上、こういうとこはカリフォルニアって便利だなー、と思うことがらでしたwww なお、日本の人気番組を選んで放送している衛星放送の番組など、ほかにも合法的に日本のテレビを見る方法はありますよん。どれもお金かかるけどね、そこは仕方ないよね。(衛星放送だったら契約の仕方により実質無料ですがね) 日米のテレビ事情はずいぶんちがいます   ↓↓↓  

スケボー少年?

なんだかんだと、やっぱりアメリカではスケボー人口は高いと思います。 先日も近所のWAL☆MARTでスケボーをかかえた5歳くらいの少年がウキウキとお父さんに連れられてレジにならんでいました。(5歳は早いだろー?と思いつつw) 最近はすっかりバスケばっかりのうちの息子君たちですが、オクラホマにいたときはバスケと同じ率でスケボー遊びもしていました。学校がおわったら友達とスケボーをもって「スケボー用のバンク」がある家(クラスメートでもなんでもないw 小さな町ですから・・)にスケボーをもった子どもたち(小学生~高校生)が集まります。 いいことも悪いことも覚えてきたんでしょうね。 住んでた町には公園がなかったのですが、両隣町にはスケボー・パーク付きの公園がありまして。 休日などにちょこちょこと通ったものです。(片道およそ15km 涙) よく行ってたのは東隣のH2町。南隣のH1町にもあって、こっちのほうが公園のレベルもバンクなんかの質もいいんだけれど、初心者の子どもたちはこのH2町のほうが好きできだったようです。 スケボーパークというか・・本当に線路沿いの空き地にスケボーができるように用意してくれてる、ってだけ。もちろん無料です。自己責任で。 田舎だからなんでしょうか、ちゃんと大きい子と小さい子と大人とそれぞれ尊重しあって遊んでました。 高校生くらいの子たちは小さい子に即席レッスンをはじめてくれたり。 ほのぼのしてていいよなぁ。 ・・・スケボーじゃない人たちも数名いらっしゃいますが。。 まだまだバランスとるので精一杯ですが、それでも無料レッスンのおかげでちょっとずつ成長していってました。 年齢若いからかな、バランスとるのは次男くんのほうがうまいです。 しかし保身まるだしなので成長度合いは・・・? カリフォルニアきたらさっぱりやらなくなってしまいましたが・・ こっちの公園にも無料のスケボーエリア(バンク付き)はちゃんとありますし、歩道にはスケボー少年やら青年やらがうようよいます。車道を車で走ってる私としましては、いつ転ぶんじゃないかと、通過にたびにドキドキしております。。。 お願いだから歩道ではやめて・・ ポチッとな。   ↓↓↓  にほんブログ村 アメカジ通販 自転車ウェア/自転車用品の専門オンラインショップセレクトイット

アメリカのど田舎

今はカリフォルニアのOCに住んでいて、あまり日本とかわらないような生活をしていますが・・ 1年ちょい前はオクラホマという州に住んでいました。 ちなみに日本人に「オクラホマ」というと、十中八九が「オクラホマミキサーの?」と返してきますが、これが通じるのは日本人だけですので。。 そんなオクラホマがどこにあるかといいますと・・・・テキサス州の真上でございます。 はい、わからないですよねw おおざっぱにいって、ほぼアメリカのど真ん中あたりです。言うならば「へその下」でしょうかね。 アメリカの州となった(合衆国に加入した)のは1907年11月、アメリカ50州(本土48州+アラスカ+ハワイ)のうちの47番目という「アメリカ」としては歴史が浅いところです。しかしこの土地はいろいろと難しいというか悲しいというか歴史がありまして・・。州となる前は全米各地のネイティブ・アメリカン(いわゆるインディアン)を強制居留させるための土地でした。何千キロという道々の途中でたくさんの命が失われました。 (Tears Road=涙の道) また州になったときは早い者勝ちで土地を割り当てたという・・なんともすごい話しですが、これにより、州のニックネームはSooners State(早い者勝ちの州)といいます。 ※ちなみにカリフォルニアはGolden Stateです。 そんなわけで都市部をのぞく小さな町には各種族に人々が多数いまでも住んでいます。私が住んでいたところも、Cityの住民の約半数ほどがとある種族の末裔たち。車のナンバープレートも別(種族ごと)でパトカーもそれぞれ別だったり、、法律の適用なども色々とあったりするのですが・・・話すと長くなるので・・w まぁ、前置きが本当にながくなりましたが、とりあえず私が住んでいたところはど田舎でしたww こちらが、町に唯一あるスーパー。 うちの町には動物病院がないので、隣町(12マイル≒20km)にあるところにお世話になってました。 建物の右側が馬とか牛とかの家畜エリアww 画像ではちょうどトレーラーから馬をおろそうとしていますね。 ちなみにこれはこの動物病院の郵便ボックスです。 基本は牛なのね・・・笑 しかしながらここの先生、なかなかの名医でして。評判もすこぶるよかったです。 牛やら馬やらの大動物(家畜)をみてる一方で犬やら猫の小動物もちゃんと診れるし手術のあともとても上手でした。「たぶん○○だろうなぁ~!」っていうと本当にばっちりそのとおり、って感じで。 でもワイルドでもあったりして・・・。とある人が「うちの犬がまちがってチョコを食べちゃったんだけどどうすれば?」という電話相談には「too lateだよ~。いま元気なら様子みてていいよ。今後は気をつけて。」って結構おおざっぱ。苦笑 海はないんだけど人工湖があちこちにあって、うちの町にもあって、とっても暑い(春~秋まで・・)オクラホマではしょっちゅう湖にいって水遊びを。 この日は長男の親友のバースデー・パーティでした。 ただし、湖の水の色はこのあたり特有の赤土がとけこんでいてこんな色です。。。。 でも、気持ちいいけどねー 1年間、東京で育った息子たちと、激務と離婚の疲れでボロボロだった私を、やさしく受け入れてくれたオクラホマが私は大好きです。 ※※ 注意 ※※ なお、多くの人がすむ都市部(OklahomaCityとかTulsaとかNormanとか)はここにある画像とはまったくの別風景ですのであしからず。私がいたのはオクラホマのなかでも田舎なのです(笑) ポチッとな。   ↓↓↓  にほんブログ村