Displaying posts categorized under

アメリカで働く

初めての市バス

アメリカではじめて『市バス』に乗りました。 いわゆる路線バスってやつです。 ちなみに、長男は通学のために毎日のってます。 こっちでは1時間に1本ってのもざらなんですが、我が家近くから職場の近くまでを結ぶバスがありまして、ラッキーなことに20分に1本のペースで走ってました。それも乗り換えなしでいけるなんて本当にラッキー。 ただ、ふつうにいけば15分くらいの距離を、ぐるーっと北に南にジグザグに走るため45分ほどかかる。。なので普段より1時間早く家をでることに。。。 当日の朝、バスはほぼ定刻にやってきました。 乗車口で料金を支払います。たしか1ドル50セントだと思うんだけど・・ためしに1ドル札を機械にいれ・・吸い込まれていった。するとパネルに「投入額1ドル。あと1ドル○○セント」みたいなのが表示された!?もう1枚いれてみる。・・あれ?また「あと○○」って数字が?? もう1枚いれてみちゃった。そしたら運転手さんが「どこまで行くの?」というので「△△まで」と答えましたところ・・・  運転手さん、おでこに手をあて「払いすぎだよ・・・・・」と天を仰がれましたさ。 ※お釣りはでない仕組み(のはず、いまでも) それでかまわない、といって空いてる席にすわりました。これはLAのダウンタウンまでいくやつで、そこまで行くのは別料金だったらしい。。 ちなみに、日本みたいに停車しているわけではなく、乗客がのったらすぐに発車しちゃいますのでご注意を。ラフ、というか強気な運転のわりには「おっとっと」ってふりまわされることはなかったです。 まぁ、余分な出費はあったものの無事にのれたのでOKとする。 走行中、次のバス停がちゃんと車内放送(自動音声)されてました。 『Attention! ○○○(バス停の名前)』と、非常にシンプルに。 車内前方の電光掲示板にも表示されます。ここには、現在の日時と目的地も交互に表示されます。 あ、バス停のほとんどは交差点名です。これは交わる2つの道路名をつなげたもの。 「セサミ・ストリート」と「ロデオ・ドライブ」が交わるところだと『セサミ/ロデオ』って感じです。大きな施設名の前だとその名前になったりします。「ディズニーランド」みたいにね。 ※例えなので、実際のパス停の名称はしりません 途中、踏み切りにひっかかったものの、5分おくれて目的地に到着しました。 これまた、昔からかわらず「窓の上部にあるワイヤーをひっぱる」方式です。。 きちんと引っ張れると「Stop Requested」と放送&電光掲示板に表示されます。 別の州のバスだけど同じなので・・(1:55あたり) あ、そうそう。 こっちのバスは先着2名様まで、自転車がのせられます。 自転車ラックはバスの先端(鼻っつら)にあって、自分で乗せます。 ちょうど「ハウツー」の動画がありました。(バス会社は別だけど仕組みとか一緒) この先着2名様にまにあわなかった人は・・・バス停に愛車をくくりつけ残していくのです。帰宅するまで無事そこにあることを願いつつ・・・・。 バスの運転手が固定カメラで撮影した動画がありました。。(いいんですかね?苦笑) 定期復活めざして(笑)!! ↓↓↓

アメリカの会社で解雇になると・・・

職場のとある人が今日解雇になったそうで。 その人は前々からいろいろあったらしいけれど・・・ 噂にはよくきいてたけど、結局まだ1度も目にしたことがないある場面。 それは解雇された人が会社を去るとき。 「今日かぎりクビ」っていわれるのはよくあることらしいですが、言われるとセキュリティの人がその人にはりつくんだって。で、クビになった人はセキュリティの人に見張られながら(盗難防止とかね)ダンボールに私物をいれてそのままセキュリティの人に連れられて社外にでます。 いま私がいる席は奥まったところにあるので直接目にしてはいませんが、その人の近くの席の人がこっそり教えてくれました。こういうとき、周りの人はただひたすら黙って時間が過ぎるのを待つばかり。。。 さ、私も気をひきしめてがんばろうと思います! 明日はわが身。。。 応援よろしくお願いします ↓↓↓

ハロウィン☆かぼちゃコンテスト

今年も職場ではハロウィン・イベントとして「仮装コンテスト」と「かぼちゃ(ジャック・オ・ランタン)コンテスト」がありました♪ ⇒去年の様子はこちら 私はこりずに「かぼちゃコンテスト」に参加。 木曜にかぼちゃをうけとるも、、帰宅した時点でデザイン浮かばずw とりあえず帰り道にミニかぼちゃだけ2つ買っておきまして。。 夕飯は長男にまかせて私はデザインを考える・・・笑 いくつか案をかき、子ども達にみせまして、、、私の技量とおもしろさなどを統合的に考えてきまったのが写真で左手前にあるやつです。 かぼちゃが、ミニ・カボチャでつくったハンバーガーをくわえているもの。 我ながら、けっこう気に入ってますwww ハンバーガーのバンズには種をはってゴマがわりに。 歯も1本1本、立体的にしました。 結果は・・・・ 見事、1位ゲットです~♪ 詳細はのちほど?(たぶん) ありがとうございました♪   ↓↓↓  

ハロウィン・コンテスト

お化けかぼちゃのコンテスト、投票と発表が終わりました。 1位は同じIT部の人で、作品は骸骨。 これはすごかった。深くまで彫っていて丸みがあってよかったよ。 2位はどこの人かしらないけど、デザインはベーシックなジャックおランタンなんだけど、口から内容物(種と果肉繊維)が・・。で、口には空になった酒瓶・・・。そうだね、アメ人はこういうセンスが好きだよね。。 で3位以下は未発表なんだけど、どうやら私らしいです。 人生通算2度目にしてはいいほうでしょう? ちなみに仮装コンテストも行われました。 1位はScooby-DooにでてくるDaphne Ann Blakeっていうオレンジ・ヘアの女の子。 2位はなんと「千と千尋の’顔なし’」。。恐るべしジブリ。 3位はパンプキンの着ぐるみガールでした。 こちらは画像なしです。 写真は左から順位にそってアップしました。

TPOにあった英語を

英語が公用語の国からきた同僚のこと。(第1言語ではありません) ずっと気になっている、ある「ひとこと」があります。 それは会話の最後に彼がよくいう言葉。 OK, Thanks man! これ、かなーりラフな英語。日本語の感覚だと「あんがとー」とか「どーもー」とか「あざーすっ」みたいな、友人同士など親しい間柄で使う(・・・と私は思っている)のね、 彼はこれを上司(といっても彼も他社からきているのですが・・)やら、とにかく職場でもしょっちゅう使います。完全に口癖になっている感じ。くわえてビジネス関係とおもわれる電話でもほぼ必ずいう。 うーん。ひとごとなんだけどねぇ。 言われている人が心の中でどう思ってるかしらないんだけど・・・私が気にしすぎなんでしょうかね? でも。英語でもTPOは大切です。 T:Time(時間) P:Place(場所) O:Occasion(場合) もしくは Opportunity(機会) ね。 「英語には敬語がない」という人がいます。 あたってもいるし、はずれてもいる、と個人的には思います。 たしかに日本のような敬語はないかもしれない。 けど丁寧な表現とか、あらたまった表現というのはもちろん存在します。 目上の人にたいして使う言葉、仲間同士で使う言葉、ビジネスで使う言葉。 書き言葉で使うもの。しゃべり言葉で使うもの。 たとえば「Madam(ma’am)とSir」。 このマダムとサーはよく使われます。あまり親しくない間柄や目上の人にたいして。 「Yes,sir(イエッサー)!」ならよくききますよね?これは「わかりました/はい、そうです」という丁寧な言葉。けっして「わかった」とはなりません。また、知らない人を呼ぶときなどは単に「ma’am(マァム)/Sir(サー)」と呼びかけに使うこともあります。 こどもが大人に返事をするときにも「Yes, ma’am」などとつけるように親は躾けます。 たとえば「whom」という単語(関係代名詞)。 「who」の目的格ですが、丁寧な単語のひとつ。話し言葉では基本的につかいません。また友人同士の会話でも使わないでしょう。 目上の人などに対して使う単語です。 ※間違ってたら指摘願います たとえば「Hey men!」 友だちにあったとき、電話かけたときなんかの第一声だったりします。 「よぉ!」みたいな軽い感じね。(ただし男言葉と思っていてください) 私は決して英語が得意ではありませんから、おそらく正しい使い方ができていないことも多いでしょう。(そもそも文法的にxxxなことも多いでしょう。汗) 新しい言葉を覚えたときは、それをどういうときに使うべきか、使わないべきかを気にしておくといいですね。 ・・・がんばりまーすw じつは・・もうひとつ彼が使うなかで「個人的」に好きではない表現。 「buck(s)」という単語。 別にいいじゃん、って思う人が多数なんだろうけど・・・・好きじゃないので我が子には使わないようにいっています。 これ「ドル」の俗称。由来はしっかりしています。「buck」って鹿皮のこと。昔、お金のかわりに鹿皮で取引していたから。 なんだけど。日本語でいう「銭」とか「カネ」みたいな感じなのです。(そう思わない人もいるでしょうけれど) 男の人が仲間内で使うのは気になりませんが、、たとえば私が「あれは50ドルだったよ」とかいうと、なぜか彼は「50バックスだったのか」と言い換えます。むむ。 まぁ、私は上司でもなんでもない、ただの同僚ですけどね。女性視もされてないだろうし。。むむむ。 ポチッとな。   ↓↓↓  

今日のお昼は「幕の内シャケ弁当」

普段ランチは9割が外、1割が家からもってきた残り物弁当です。 が! 今日は日本式のお弁当をいただきました。 なんと、会社に週3日ほど業者さんが売りにきてたらしい・・今日はじめて知った事実です。 こういう点がカリフォルニア万歳であって、日系企業の利点なのですね。 LAエリアの日本人が多い地域には日本式のお弁当屋さんも実はあるんです。 日本のホカ弁!そのものなお味のお店もあります。 たまに、むしょうに食べたくなるものですよね。。(私だけですかね? 苦笑) 種類がいくつかありまして。 さば塩弁当、ハンバーグ弁当、テリヤキチキン弁当、、、など。 で、また脱線しましたが、私が選らんだのがシャケ弁。 ご飯にゴマ、たくあん、サツマイモ天ぷら、焼鮭、煮物、大根の生酢、卵焼き、トリ唐が入ってましたー (*^^*) お値段はなんと!! 8ドル50セントもします・・・800円ほどでしょうかね? 高いですけどー・・・まぁ、仕方ないのでしょう。デリバリー代もあるしね。 外でなにか食べるとだいたいこのくらいの値段なので、まぁ今後もたまにたべようかなぁと思ってます。お味はなかなか良かったですよー 野菜もおいしく♪   ↓↓↓  

インフルエンザの予防注射

金曜に職場でインフルエンザの予防接種が行われました。 希望者のみですが。 もちろん喜び勇んで?注射してもらいました。 無料だもん♪ まるで小学校時代を思い出すような、列を作って立ったまま注射w ※しかし今の小学校は予防接種なんてやりませんがね これがね。 まったく痛くないんです。 痛覚がどう、とかそういうレベルでない。 針が入ったことすら気づきません。 長男に話してみたら「あ、それ蚊の注射針なんじゃない?新しいやつ」って言ってました。 そっかー。 とにかく本当に痛くなくって。 これでこの冬も平和にすごせるかな? 子どもたちのもそろそろ行かないとねー 保健所で使う注射器は使用済みだとすぐにわかるようにするためか、注射すると「ガシャコンっ」とすごい音がします。この音は注射針が注射器のなかに収納されるバネだかの仕組みの音。針も普通サイズで。。 たいして痛くはないけれど、とにかく音が・・  ^^; 予防は大事   ↓↓↓  

避難訓練 (火災編)

今日は職場で避難訓練でした。 この日を迎えるためにHR(人事部)やAdmin(管理部?)はあれやこれやと大忙しだったみたいです。 具体的にどんなことをしたかというと・・・ 予定された時間になったら非常サイレンがなります。 日本によくある「ジリリリリリリリリ・・・・」というベル音ではなくて「ピピーッ ピピーッ」という電子音でした。 加えて通路天井などの要所要所に白い「フラッシュ」が光っていました。煙の中でもその強い光がみえるのでしょう。 HRの人たちは通路で「すぐに退避して!こっちの階段を使って!」など指示しています。 訓練ですので、とくにあわてることもなく、ただしみんな無言で静かにそしてすばやく整列しながら非常口をつかって建物の外にでました。 はじめてこの非常口を通ったよ。 と思っていたら隣にいた人も「はじめてここ通ったー」と。 ・・・あれ?無言はどうした?苦笑 屋外にでたらまた別の管理部の人がいて、そこにみんな集まります。 そして指示に従い、2列に整列。 そこでは点呼をやりました。 人事の人が社員リストをもっていて、列に並んだ人はその人にチェックしてもらいます。ちゃんと社員リストとはべつに、うちらのような「社外の人間リスト」ももっていました。 避難した社員全員(というか社内にいる人間全員)の確認がとれたところで、またぞろぞろと社内にもどって通常業務を再開しました。 ここまでで約30分。 ちゃんと消防署の人も消防車できてました。 というか、よく知りませんがどうもある程度の人数がいるところでは、これをやらないといけないらしいです。 ここの職場、倉庫の人々も含めて200人はいると思います。 避難経路の都合上でしょうが、倉庫の人たちは別の箇所に避難していました。 尚、オクラホマなどのいわゆるアメリカの真ん中あたりにある地域では竜巻がよくおこるので、その地域では「トルネード・ドリル(Tornado Drill=竜巻訓練)」というものをやります。学校でもやります。 訓練のときは、みんなでぞろぞろと「シェルター」に避難します。 この地域で教育される「非難グッズ」は地震のときの避難グッズと基本的に同じです。「最低3日分の食糧・飲料水、懐中電灯、毛布」などです。 緊急グッズといえば、カリフォルニアの学校でもそういうのを用意します。「各自」が。 内容はうちの子の学校ではきまっていて「フルーツジュース、ピーナツバター/チーズなどをサンドしたクラッカー、ゼリー、肉類がはいった缶詰」です。 これはまた新学期になったら提出する予定ですので、そのときに改めて。。。 ところかわれば?ってやつですかね。。。 海外生活 備えあれば・・・   ↓↓↓   防犯・防災 子供用緊急避難セット 9点セット 一台4役◎手まわしラジオ 充電たまご NBTY-121G(ゴールド)

多国籍環境で働くということ

数日前のできごとです。 仕事でかかわっている会社(B社とします)から私にクレームらしきものがはいったそうです。 B社は今の職場に常駐ではいっていて私のやってる仕事の中核を担っています。 そのことを私の上司の1人(マネージャではない)からきいたときは、あー・・・おしゃべりとかうるさいって言われちゃったかーと思っていました。 が。 内容はぜんぜんちがった。 「ハナがこないだupset(キレた、とかムカついてたとか、そんな感じの意味)したという報告をうちのメンバーからうけたけど彼女は大丈夫か?仕事がまわってないのか?」by B社のリーダー この報告は、私と同じ部屋(4~5人いる)のB社のメンバーからB社のリーダーにあったらしい。 思い当たることは1件。 たしか先週だったか? B社の人たちと某国のトラさんが、とある出来事で大笑いしていたんだよね。その出来事というのが、ある国におきた災害でたくさんの人が亡くなったということ。 (4桁の人が亡くなり、国民の1割に被害という規模のもの) 「みんななくなって平和がおとずれる」だのなんだのかんだの。 全部きいてるわけじゃないし、その会話に入ってるわけでもないけれど、おおまかにそういうことで盛り上がっていた。 で、どんどん盛り上がっていくのに私が耐えられなくって、つい「怒ってる」という態度で部屋をでていきました。 はい。upsetしたのは事実です。それは大人げないことでしょう。 だけどさ? じゃぁ、そっちはどうなわけ??? 私は、たとえ敵対する国だろうと、やっぱり人が死んだり傷ついたり途方にくれる姿をみて笑えない。 本気であたまくる。 upsetしたのは悪いと思うし(口できちん「不快だ」というべきだった)、たしかに普段おしゃべりがうるさいのかもしれない。 けどさーーーーー!? 仕事まわってないのはむしろそちらじゃありませんこと? こちとらきちんと期日前にしっかりやることやっとるわ!!! 多国籍の人が集まってる国で、多国籍の人が働いている職場環境で、その内容はどうなの!? ※ですが普段はふつうにコミュニケーションとって互いに雑談もして雰囲気は悪くないですよ ポチッとな。   ↓↓↓  にほんブログ村

アメリカの会社で誕生日を祝ってもらう

アメリカ人は誕生日が大好き。 だから互いにお祝いしあいます。 ※ただし大人に「いくつになった?」ときいてはいけませんよ 今日も、職場の人の誕生日をいわうプチイベントがありました。 こっそりケーキを調達し、3時あたりで「サプラーイズ♪」とやるんです。 プレゼントとかは親しい間柄だけ。ただ単に、職場の仲間うちで集まって「ハッピーバースデー」の歌をみんなで歌い、主役がケーキのろうそくを吹き消し、拍手し、みんなでケーキをたべて解散です。 祝うことが大事であって、祝われることが大事なんですね。 ちなみに、いわゆる生粋のアメリカ人(?)に誕生日をだまっていると「なんでいわなかったのよ!」といい、あわててやり直してくれたりします。。苦笑 誕生日といえば、こちらアメリカでは16歳と40歳もけっこう大々的です。 16歳は「スイート・16(シックスティーン)」といって、女の子にとっては大事な誕生日だったりします。 半成人というか、大人の仲間入りのような年齢なわけです。 もうひとつ40歳。こちらは「オーバーヒル」といいます。いわゆる折り返し地点。 人生80年と考えて、半分すぎた、ということですね。 このときは「黒」でいわいます。 風船も黒、かざりも黒。 以前、次男の担任の先生がちょうどこれにあたったそうで、他の父兄や職員たちで盛大に教室が「真っ黒」にデコられていたそうですwww そうです。 こちらアメリカでは学校でも誕生日を祝いあいます。 自分の子が誕生日のときは親が暮らすに「カップケーキ」などを届けたり(主に低学年ですが)、先生の誕生日のときはやはり誰かがケーキを用意したり、生徒たちもプレゼントをもってきてたりします。 長男のEnglishの先生が誕生日のときは、キティちゃん好きの先生のためにピンク基調の飾りに、かつ誰かがつくってくれたキティちゃんのデザインのかわいいケーキが用意されていたそうです。 日本のPTAがきいたらなんていうかな? 苦笑 Happy Birthday to someone!!   ↓↓↓  にほんブログ村 【ブランド買取専門 Birthday】 アメカジ通販 秋物入荷