ゆれる気持ち ~多言語育児~





そんなタイトルの歌があったけれども。


いま揺れているのはKidsの言語のことでして。
一応、私の方針としては「家庭内(親子間)は基本、日本語で」です。
どうしても伝え難いときは「楽な言語で表現してよい」というのも伝えてます。

実際、家庭内は親子間も兄弟間も日本語なんですけどね。



次男君、さいきん文章中に英語が混ざってきます。前より目だってきました。
これだけは許容したくないんですよねぇ・・・・。言語のMix。。



日本語で話すときは文章ぜんぶ日本語でいってほしいんです。
英単語は混ぜて欲しくないんです。






土曜日のこと。


いい間違えて・・というよりたぶん言葉がでてこなくてつまって、いい直そうとしてたんですよね、次男くん。「こないだ〇〇が&%*#で・・・・  I mean・・ △△だったんだよ。」




・・・。



I mean → 「だから」とか「つまり」とか、言い直しに使ったり、文章をつなぐための「え~っと」という意味で使ったりする口語。









日常生活の90%が英語だから単なるクセかもしれないけれど、「I mean」を混ぜたことがショックだったんです。つまり、日本語会話中にも関わらずふとした瞬間は英語で考えてたってことかな、って。。


そのくせして、学校ではまだESLという「英語が母国語ではない」クラスから抜け出せてません。テストで100%とらないとだめで、たいてい1問間違えて98%とかなんです。。。

それもまだ最上位のクラスではないので、このテストで100%とって上のクラスでも100%とれないとESLからでられません。でられないと、来年のJr.HighSchoolで自由に科目を選べません・・。






彼の言語をもっと自由化させるべきなのか・・・




それとも日本語伝承のためにこのまま「家庭内は日本語」をがんばるべきか・・・・







揺れているのでございます。

ちなみに、日常会話は多いな問題はないです。先生もそうおっしゃってました。

親が英語話者でない分、ボキャブラリーの少なさ、表現力の乏しさは問題ですけどね・・。




ローマ字を習わずアメリカにきてるので、私との携帯メールはオール英語です。、。

PCで日本語入力するために(ワンピースの情報をゲットするためとかゲームとかで)がんばって覚えたみたいですけど。








ん~・・ どうしたもんでしょう??




2012年も応援お願いします☆
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ 人気ブログランキング